TOP > 目からウロコの勉強方法

目からウロコのケアマネ試験勉強方法

はじめに...3つのレベルを意識して学習すること

ケアマネ試験の合格を目指して受験勉強を一生懸命やるのですが、本試験の過去問題になかなか手をつけないヒトがいます。そんなヒトは決まって、「私に本試験の過去問題はまだ早いです!」「もっと実力をつけてから試験問題を解いてみたいです!」という言葉を口にします。

これはどんな受験勉強にも言える事ですが、知識の習得レベルにはインプットレベル・アウトプットレベル・ティーチャーレベルの3つのレベルがあります。

このレベルを意識して学習を進めれば、「いつまでたってもサブノートが完成しないTT」「まだ試験問題を解けるレベルではない!」といった的外れな学習方法で悩むことはありません。実力判定に使うのは本試験直前に実施される模擬試験です。

1.インプットレベル

ケアマネ試験参考書を読んだばかりの状況がインプットレベル。試験が苦手で不器用な人は、この時点で内容が分かった気になってしまい、「よし!これで大丈夫」と考えて勉強を終えてしまいます。

真面目な方はがんばってサブノートを作ったりするのですが、まだまだ試験問題が解けるレベルでは決してありません。サブノートを作る時間と情熱があるならば、すぐに次のステップに移って、実際に問題を解いた方がはるかに効率の良い受験勉強ができます。

あと一つ大切なことですが、参考書は一冊に絞ってください。どの参考書でも大切なポイントは同じです。参考書を一冊購入したら、それを信じて受験勉強に励んでください!

2.アウトプットレベル

一回でも問題演習を経験した状況がアウトプットレベル。受験勉強の得意なヒトは何も言わなくても知っています。ケアマネ試験の知識を頭にインプットした後には問題演習。そして間違う事によって自分の知識が整理できますし、どんな試験問題が出るのか傾向が分かるのです。

「ケアマネ試験の勉強のやり方が分かりません!」 という質問をされる方は、このアウトプットレベルへ行くまでに、自分の知識を完璧にしたいという真面目な方が多いです。試験勉強の間は是非、間違える勇気を持ってください。ケアマネ本試験で間違えなければ合格できるのですから...

学生時代には授業がありました。その授業の中で基本問題などの演習をしていたので、真面目に授業を受けている限り、特別に問題演習というアウトプットレベルを意識せずとも試験問題を解く力が身についたのです。

しかし資格試験になると、ほとんど独学に近い状況で学習を進める必要がありますので、意識してケアマネ本試験の問題を演習する必要があります。

くどいですが、アウトプットレベルの学習では正解するのが目的ではなく、今自分が勉強したばかりの単元について、本試験ではどのような問題が出されたのかを知る事が非常に大切なのです。

ケアマネ試験は難易度の高い問題ではありません。ある事柄について知っているのか知らないのか。これが合否の分かれ目となる試験なのです。最初は間違えて当たり前!試験問題を覚えるくらいに何度も過去問題を演習する事が合格への近道です。

3.ティーチャーレベル

他人に説明できる状況がティーチャーレベル。ケアマネ試験の内容について実際に分かっているし問題も解けるんだけれど、「住所地特例」について友達に聞かれて、教えている間に自分でも混乱してしまう事ってありませんか?これはまだ自分の知識がヒトに教えることのできる、すなわちティーチャーレベル(知識の定着)に到達していないんです。

このレベルに到達する一番の近道は、一緒に勉強する友達を見つけること。これに尽きます。互いに問題を出し合って互いに答の説明をし合うのです。このティーチャーレベルに到達すれば基礎がしっかりしていますので、ケアマネ試験で多少ひねった問題が出題されても大丈夫です!みなさんには是非このレベルを目指して頑張って欲しいと思います。

シュリーマンというヒトをご存知でしょうか?子どもの頃に読んだ絵本を信じて宝探しを続け、ついに宝を発掘してしまった、すごい方です。このシュリーマンはたくさんの海外の言葉を話す事ができました。彼はいったいどうやって言葉を習得したのでしょうか?

実はヒトを雇って自分の話す言葉を聞いてもらっていたのです。もちろん雇われたヒトもその言葉がわからないのですが、シュリーマンは話すという作業で自分の五感を使って言葉を習得していったのです…

それでは話を戻しますね。周りに同じ勉強をしているヒトがいなかったら、誰か親しいヒトに「住所地特例」の説明を聞いてもらうのです。ただ相手と状況はよく選んでくださいね。話の相手が彼や彼女だったら、デートの最中に難しいことを話し出したら きっとまずいことになりますから(笑)。

京都大学を卒業した事で有名な漫才コンビのロザン宇治原さんが、テレビで究極の勉強方法について語っていました。それは「自分で質問して自分で答える」のだそうです。これならば独りでできる勉強法です!


ケアマネ過去問題トライのトップページに戻る